根管治療

micro-endo

根管治療とは

根管治療とは

根管治療とは、痛みのある歯の神経を取ったり、根の先に膿を作ってしまっている歯の根の中を健康な状態にする治療です。

当院の精密根管治療は、必ずマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やラバーダムという精密機器や器具を使用して行いますので、保険で行う治療と比べて治療成功率が格段に上がっています。

また、虫歯が深い場合に、根尖性歯周炎の予防や治療をするために神経を取る治療だけでなく、神経を残す治療も行い、患者様にとって最適な治療法を行います。

感染した歯質や根管系の組織を全て取り除くことが大切です。ラバーダムで患歯を隔絶した状態で、顕微鏡下の処置をすることでこれが達成されます。従来の健康保険の根管治療では、せいぜい痛みを取り除く程度で、長期にわたり安定した結果は求められません。

根管治療の内容

  • 神経を取る治療
  • ズキズキという痛みを取る
  • 歯髄炎の治療
  • 感染根管による炎症を抑える
  • 神経を残す治療

神経を残す治療(生活歯髄療法)

深くなった虫歯などで歯の神経に炎症を起こさないようにすることは根尖性歯周炎の予防となります。虫歯が神経に近くまで到達していても、歯の神経の炎症が回復可能な範囲であれば、神経を残して治療ができます

神経を取る治療(根管治療)

神経の炎症が回復不可能な場合、痛みの除去とそれ以上の細菌感染の進行を防ぐべく、神経を取る治療=「根管治療」を行います。炎症を起こした神経を取ることにより、痛みは治まり、細菌感染が歯根の先端方向へ進行するのを防ぐことにより、根尖性歯周炎を予防することができます。

感染根管への治療

神経の炎症と細菌感染が進行すれば、歯髄の壊死が起こります。しみるような症状はなくなりますが、根管内にはバイオフィルムと呼ばれる細菌の塊が付着し、歯肉が腫れてくるなどの根尖性歯周炎の症状が出てきます。根管治療により、根管内の感染を除去または減少させる処置を行うことで根尖性歯周炎の症状は治っていきます

再根管治療

すでに神経が取られている歯の根管が感染を起こし、根尖性歯周炎を発症する事があります。対処法として、「再根管治療」により、根管内の感染を除去・減少させます。再根管治療は過去の治療による土台や薬を除去する必要があることと、以前の処置による歯の穿孔や破折器具などの種々のエラーにも対処していく必要があり、根管形態の複雑さもあって困難なケースが多々あります。

外科的歯内療法

根管治療により症状が改善しないケースには歯根端切除術を行います。

当院の精密根管治療の特徴

根管治療の鉄則を遵守した治療方針

マイクロスコープ
マイクロスコープ
ラバーダム
ラバーダム
  • マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の使用
  • ラバーダムの使用
  • 根管の長さの精密な計測
  • 垂直加圧法による根の隅まで過不足のない充填
  • 最新器具(ニッケルチタンなど)を使用しや歯に優しい治療

院内認定制度による高い治療水準と豊富な根管治療の実績

当医療法人には、根管治療の治療実績が豊富な認定医が在籍しているため、その歯科医師の下で術式を習得し、その上で認定されたドクターのみが根管治療を行うことができるよう、高い治療水準を設けています。

また、定期的に開催しているドクター勉強会で治療例を共有し、全ドクターのスキルや知識の向上に努めています。また、多くの治療例を精密審美会のサイトに公開をしておりますのでご覧ください。

精密審美会 根管治療症例集

総合歯科治療

根管治療以外の治療が必要な場合でも担当医とセラミック治療や歯周病治療などのエキスパート医師が連携し、患者様のご要望に合わせた治療計画を立て、スムーズな歯科治療を実現しております。

治療費

根管治療は、患部の進行状況や治療内容の難易度によって治療方法や治療費は異なります。

治療費の詳細はこちら

根管治療の症例紹介

新橋銀座しらゆり歯科に在籍する歯科医師が治療を行った根管治療の事例をいくつか下記に紹介いたします。

根管治療からのセラミック治療

古いかぶせ物をやりかえたい

治療前
治療前写真
症例の詳細はこちら

金属のかぶせ物をセラミックへ 根管治療からの再治療

全体的に治療必要なところはを再治療したいとのことで来院されました。

治療前
治療前写真
症例の詳細はこちら

矯正とインプラントでかみ合わせの回復 インプラント・セラミック・矯正全顎治療

歯医者が怖くて悪い歯をそのままにしてしまった、悪いところを治したいとのことで来院されました。

治療前
治療前写真
症例の詳細はこちら

上の前歯の根元が黒い 根の治療をしてからセラミックの再治療

前歯の根元が黒くなってるのきになる

治療前
治療前写真
症例の詳細はこちら

歯の根元が黒いのが気になる セラミック治療

歯の根元が黒くなってきた

治療前
治療前写真
症例の詳細はこちら

その他の症例

症例をもっと見る

根管治療の注意事項(リスク・副作用など)

  • 根管治療により類似の全ての症例の問題が解決するわけではなく、症例はあくまでも一例です
  • 根管治療により痛みや腫れがひかない事や、術後に痛みや腫れが生じる事、治療によるファイル破折やパーフォレーションなどの偶発症、術後の歯根破折を生じる可能性もあります
  • グループ医院の根管治療専門医をご紹介させて頂く場合がございます
  • 自費診療(保険適用外治療)となります

無料相談予約

Reservation

  • 24時間受付Web申し込み

    24時間受付Web申し込み

    初回に限り無料の個別相談(予約制)を 実施しております

  • 初回予約専用フリーダイヤル

    初回予約専用フリーダイヤル

    0120-118-041平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00

    ※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません