セラミック治療の症例

Cases

歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療

治療概要

患者様
20代女性
治療期間
2ヶ月
概算治療費
約23万円
※費用は治療当時の料金となります
担当医
渡邊幸太朗

治療動機

右上の歯茎が腫れてきたとのことで来院されました。

治療計画

右上6番目の歯の位置に腫脹があり、膿も出ている状態でした。
レントゲンを撮影すると、根の先端から膿が排出されていることがわかりました。

根の神経の治療を行い、セラミックを装着する計画としました。

治療後について

根の神経が細菌に感染するとこのように、膿の出口ができることがあります。
その場合は、根の中の治療(根管治療)が必要になります。

治療前
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療前画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療前画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療前画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療前画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療前画像
治療途中
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療途中画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療途中画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療途中画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療途中画像
治療後
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療後画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療後画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療後画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療後画像
  • 歯茎がはれた 根の治療をしっかり行ってからのセラミック治療 治療後画像

    根管治療の注意事項(リスク・副作用など)

  • 根管治療により類似の全ての症例の問題が解決するわけではなく、症例はあくまでも一例です
  • 根管治療により痛みや腫れがひかない事や、術後に痛みや腫れが生じる事、治療によるファイル破折やパーフォレーションなどの偶発症、術後の歯根破折を生じる可能性もあります
  • 自費診療(保険適用外)となります

    セラミック治療の注意事項(リスク・副作用など)

  • 天然歯を削ります
  • 硬い素材は天然歯を傷つけてしまう場合があります
  • かみ合わせや歯ぎしりが強すぎる方はセラミックが割れてしまう可能性があります
  • 自費診療(保険適用外治療)となります

関連する他の症例

歯がない部分にインプラントとセラミックブリッジによる治療 治療前
歯がない部分にインプラントとセラミックブリッジによる治療
インビザラインにて矯正 その後に前歯のセラミッククラウン治療 治療前
インビザラインにて矯正 その後に前歯のセラミッククラウン治療
正中のすき間の部分矯正・矮小歯のオールセラミックによる治療 治療前
正中のすき間の部分矯正・矮小歯のオールセラミックによる治療

無料相談予約

Reservation

  • 24時間受付Web申し込み

    24時間受付Web申し込み

    初回に限り無料の個別相談(予約制)を 実施しております

  • 初回予約専用フリーダイヤル

    初回予約専用フリーダイヤル

    0120-118-041平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00

    ※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません